七日の王妃 最終回七日の王妃 

七日の王妃 動画最終回20話 日本語字幕

七日の王妃 動画 最終回(20話)


七日の王妃の動画20話を簡単に見ることができますよ

こちらで詳しく解説しています。ページの下までご覧ください。

七日の王妃 最終回(20話)の動画を見る方法(無料)

七日の王妃の動画を1話から最終話まで見放題でインターネット配信しているサービスがあります。

ある方法で簡単に無料で動画を見ることができます。

\その方法はこちら/
→七日の王妃の動画を無料で見る

七日の王妃 最終回 みどころ

まんまとパク・ウォンジョンの策にはまり、燕山君を逃がしたという罪にチェギョンは追い詰められ死罪が言い渡されます、罠だと知っていてもそれを認めることでヨクを守り、愛を誓った決意は揺らぎません。しかも、大妃は刑を予定よりも急がせチェギョンはますます追い込まれます。ついに刑が執行されようとするその時、寸前のところで中宗が現れ腰砕けのチェギョン。王が法を無視してチェギョンを連れ去りました。このままでは、王の立場がありません。その状況を離れて見ていたミョンヘは、ウロンガクシたちに事のすべてを説明し、中宗の状況が悪くならないように手配します。

燕山君を襲った輩を突き出しました

ミョンヘはパク・ウォンジョン側の人間でしたが、これを機に改心しました。

中宗は燕山君との一件い関わる者を引きずり出し口を割らせました。パク・ウォンジョンが首謀者であると口々に訴えました。パク・ウォンジョンは濡れ衣であると退けましたが、詳細な取り調べが必要となります、しかし、内官たちは自殺を装い殺害されてしまいます。

チェギョンの無実を証明するものがいなくなってしまいます

ミョンヘは森の中で燕山君を見つけます。そして、チェギョンが無事であることを伝えます

チェギョンを連れて戻った中宗は看護する意識を戻したチェギョンは、中宗と一緒にいることでお互いが命の危険にさらされて、私のせいで王にも危害が及ぶことを悟ったチェギョンは、離婚をすることを決断する。チェギョンの決断を受け入れられない中宗であったがチェギョンの強い思いに説得を受け入れました

逃亡中であった燕山君が流刑地にもどり、燕山君はチェギョンとは無関係であることを証明する陳述書を送る。中宗は燕山君のところへ行き、感謝の言葉を告げに行きますが衰弱していた燕山君は中宗の腕の中で息を引き取ります。

即位から38年、ついに再会する時が来ます。 それは中宗が息を引き取る直前のことでした。