七日の王妃 16話七日の王妃 

七日の王妃 動画16話 日本語字幕

七日の王妃 動画 16話

七日の王妃の動画16話を簡単に見ることができますよ

こちらで詳しく解説しています。ページの下までご覧ください。

七日の王妃 16話の動画を見る方法(無料)

七日の王妃の動画を1話から最終話まで見放題でインターネット配信しているサービスがあります。

ある方法で簡単に無料で動画を見ることができます。

\その方法はこちら/
→七日の王妃の動画を無料で見る

七日の王妃 16話 みどころ

ウロンガクシが謀反を企ていたという証拠をイム・サホンは燕山君に差し出す。シン・スグンがそれを知りながら報告しなかったことに処罰を与えるという。スグンは事前にヨクからこのような事態のための策を聞いていた。

ウロンガクシのアジト他にもあり、調査に時間がかかって報告していなかったということにしていた。

しかも、偽のアジトにはサホンの不正物証が見るかるように講じていた。

ヨクの狙い通り対策していたおかげでスグンは命拾いをした、燕山君は引き続きウロンガクシの首長を捕らえろと命じるしかなかった。

この一件で、スグンはチェギョンにすぐに都をたちヨクと幸せになるように促す。

その後、燕山君はノイローゼのようにおかしくなりはじめ、廃妃ユン氏を復位させなければならないと主張しはじめます。

燕山君の暴走にサホンは反対派を一網打尽にできると便乗している
街でもその波紋が広がり、「首長が現れるまでウロンガクシに関わる者は殺せ」という王命により、次々と無関係な村人までも殺されていくのでした。

ソノはこの状況に見るに見かねて、自らが首長だと嘘をついて名乗りでます。

その噂はヨクとチェギョンにも届き、ウロンガクシの仲間が毎日処刑されていると知って苦悩するのであった。ヨクを都に戻したくないチェギョンは、ヨクの苦悩を考えると都に戻るしかないと判断して戻ることに。その時、すでに遅し、駆けつけた時にはソノは処刑されてしまいます。

怒りを抑えられないヨクはそのまま、 燕山君のところへ乗り込みます。
 

七日の王妃 16話 あらすじ

ヨクの機転によって命拾いしたシン・スグンは、燕山君から今度こそタニシの首長を捕らえろと命じられる。チェギョンは父に一刻も早く逃げるように促され、翌朝ヨクと共に都を発つ。一方、燕山君はひどい幻聴や被害妄想に見舞われる。街では「首長が現れるまでタニシを殺せ」という王命により、罪のない人々が次々と殺されていく。ソノはこの状況に耐えかねて…。