七日の王妃 9話七日の王妃 

七日の王妃 動画9話 日本語字幕

七日の王妃 動画 9話


七日の王妃の動画9話を簡単に見ることができますよ

こちらで詳しく解説しています。ページの下までご覧ください。

七日の王妃 9話の動画を見る方法(無料)

七日の王妃の動画を1話から最終話まで見放題でインターネット配信しているサービスがあります。

ある方法で簡単に無料で動画を見ることができます。

\その方法はこちら/
→七日の王妃の動画を無料で見る

七日の王妃 9話 みどころ

チェギョンは乳母状態が普通と違うと勘づいた、父シン・スグンが謝罪していることを教えてもらう。走り付けてお父様に頭を下げて、そして燕山君に自らを罰してほしいと求める。けれども目前に晋城大君(ヨク)が出現する。生き長らえて真正面に出現した晋城大君を目にした燕山君は動揺を鎮め、臣下らの目前で大君を抱擁する、みんなにも手厚く遇するよううったえる。病になってしまったチェギョンは内医院に運ばれ診て貰う。

便殿に誘導された晋城大君は、燕山君と大臣らを前にして本当の泥棒は大臣たちと一緒にいると打ち明けようとする。狼狽した都承旨は確認して罰を与えるという。燕山君は晋城大君が泥棒とされ、チェギョンも一緒に犠牲となった人扱いで、大君を王に復位すると断言。

燕山君は大君とお酒を酌み交わし、大君のチェギョンと結ばれたいという気持ちを知って取り乱す。
その時、父のスグンから「チェギョンが王室と関わりを持つと血の嵐が吹く」とチェギョンは嫌な予言を思い出す。そうならないようにチェギョンは漢陽から遠く離れた地域で暮らしていたのだ。

大君は自分自身の気持ちを隠さず全てチェギョンに打ち明けると、チェギョンは大君を避けるが、宿命が両人を繰り返し巡り合わさせるのであった。

七日の王妃 9話 あらすじ

チェギョンを救うため、自ら王宮に姿を現したヨク。心中穏やかでない燕山君だったが、臣下たちの前でヨクを抱き締め、生きて戻ってきた弟を歓迎するふりをする。ヨクは自分とチェギョンの汚名をそそぎ、燕山君はヨクを王子に復位させる。そんな中、ヨクと酒を飲んだ燕山君は、チェギョンと結婚したいという彼の話を聞いて動揺する。ヨクは自分の愛情を隠さずチェギョンに伝えるが、チェギョンは父スグンから不吉な予言について聞かされて…。