七日の王妃 8話七日の王妃 

七日の王妃 動画8話 日本語字幕

七日の王妃 動画 8話


七日の王妃の動画8話を簡単に見ることができますよ

こちらで詳しく解説しています。ページの下までご覧ください。

七日の王妃 8話の動画を見る方法(無料)

七日の王妃の動画を1話から最終話まで見放題でインターネット配信しているサービスがあります。

ある方法で簡単に無料で動画を見ることができます。

\その方法はこちら/
→七日の王妃の動画を無料で見る

七日の王妃 8話 あらすじ

ミョンヘは牢獄で傷を負っているチェギョンを目にした、晋城大君をかばおうとするチので毒殺を目論む。ギリギリのところでソノがミョンヘを妨害して事なきをえます。イム・サホンによってチェギョンはおとりとして十字架に貼り付けられ、晋城大君への罠にするのであった。

チェギョンが毒消しの応急手当てをしていたので、軽い症状で済んだ大君。

チェギョンも矢傷を負っていたことを思い出しました。

晋城大君はチェギョンのことを心配しているが、拘束されているとわかり取り乱す。晋城大君は燕山君を使ってチェギョンを助けることはできないかと考える。

チェギョンの大変な事態を知り燕山君は彼女のところへかけつけ、チェギョンは矢毒がまわり、意識がもうろうとしていました。
燕山君が解毒剤を飲ませます。

燕山君が席を外した間チェギョンに別れを告げ、大君は、チェギョンから約束の証にもらった指輪を返し姿をくらまします。

チェギョンに与えられた期限が近づき、このまま一緒にいた男が現れなければ罰を受けることになるのはチェギョンです。チェギョンと、娘を助けるために代わりに罰を受けると申し出たシン・スグン。どちらを選べばいいのか考えがまとまらない燕山君。そんな中、ジンソン大君が現れます。