大王世宗
PopUp Player
大王世宗 第1話
国使者との世子(譲寧大君)の婿入りに関する会談を目前に厳戒態勢の王宮のなかで、従事官の首つり死体が発見された。死体を検分すると毒殺と判明。身体に「汝、王材を守れるか」との文字が記されていた。
1회보기버튼
216
第2話
忠寧大君は、高麗復興勢力でありながら、今はオク・ファンと名乗る商団の首長に助け出された。館に戻るように促された忠寧だが、「このことは秘密に」と言い、町へ向かう。そこで忠寧は明の使者が滞在する太平館が、王朝に不満を持つ逆賊に襲われた事件に遭遇してしまう。
light episode 구입버튼
第3話
商人たちの不遇と不満を知った忠寧大君は、申聞鼓を打ち鳴らして王へ直訴。訴えが聞き入れられたと一度は喜ぶが、その後商人たちが王を愚弄したと厳罰に処されたと知り、命令を無視して王の元へ向かう。
light episode 구입버튼
第4話
王を批判した忠寧大君の行動を重く見た臣下たちは、忠寧の追放を上訴。これに対して太宗は世子(譲寧大君)への譲位を宣言し、忠寧の流刑を免れようとする。
light episode 구입버튼
第5話
怪文書事件に関して、王は世子(譲寧大君)に処分を任せた。世子は「王室を愚弄するものは死罪にするべき」と刀を抜く。忠寧大君が死を覚悟した直後、その刀は叔父ミン・ムグに向けられた。
light episode 구입버튼
第6話
ミン・ムグ、ムジル兄弟が賜死してから数年後、忠寧大君はイ・スのもとで学問を学ぶ日々が続いていた。あるとき、都から50里ほどに位置する康寧浦の港が倭寇に襲撃される。王は、王后の弟ミン・ムヒュルが率いる精鋭部隊を投入。
light episode 구입버튼
7-16話 >>
プレミアムプラン ライトプラン

朝鮮時代最高のリーダーにしてハングルの創出者 名君セジョンの激動の生涯

世宗(セジョン)の父・太宗(テジョン)は朝鮮王朝の開祖となった李成桂(イ・ソンゲ)の五男として1367年に誕生。その後、太宗を含む8人の兄弟は血で血を争う凄まじい王位継承者争いを繰り広げた。激しい政治闘争の末、1400年太宗が第三代王の座に就く。太宗は即位後、17年10ヶ月にわたる在位期間に強いリーダーシップを発揮。王権を強固なものとし、様々な制度を導入して国の基礎を形作った。即位した世宗は、後に大ハングル(訓民正音)の制定を行い、朝鮮王朝時代の歴代君主中もっとも優れた君主と称される。儒教の理想とする王道政治を展開した。

原題:대왕세종

話数:全 86話

制作:KBS

著作:(C)KBS&KBS Media All rights reserved.

放送年:2008年

監督/演出:キム・ソングン

脚本:ユン・ソンジュ

出演者: キム・サンギョン, キム・ヨンチョル, パク・サンミン, イ・ユンジ, チェ・ミョンギル

解説:

「王と私」(SBS)、「イ・サン」(MBC)と同時期に、歴史ドラマには定評のあるKBSが満を持して送り出した本作。3番目の王子として王位を継承し、戦争のない平和な時代を成し遂げるために血のにじむような努力を重ね、ハングルの創設者としても有名な世宗大王。李舜臣とともに韓国の偉人として今までドラマ化することは難しいとされてきた名君の人間的な側面にスポットを当て描くことに見事成功した!

総 24名の方が参加しました
투표하기
추천
下から点数を選んでください










투표 취소
  • 1
    Excellent !!! 추천하기 (2)
1
댓글달기

※下のIDで投稿が出来ます。
   投稿方法をお選びください。

入力可能 あと 100字 댓글취소
wait
wait